オンナのKARADAラボ Hershe.jp

オンナのKARADAラボ Hershe.jp

TOP > キレイの日常 > スペシャルインタビュー

スペシャルインタビュー

国内外で高い評価を得ているトップネイルアーティスト・松下美智子さんが登場!
ビューティリーダーにふさわしく、ネイルはもちろんお肌もスタイルも美しい松下さんが日々心がけていることとは?
美しさの秘密を公開します!

ネイルサロン「トゥーソレイユ」主宰&「シーズンインターナショナル・カレッジ」学院長、がくぶん総合教育センター「松下美智子のネイルアーティスト養成講座」監修・指導 松下美智子さん

松下美智子
プロフィール
1973年東京都生まれ。高校卒業後、エステ業界に就職。勤めながら美容師国家資格を取得し、その後ネイルを学ぶ。ネイル界で世界的に名誉のある「IBS New York Show」で日本人初の1位を受賞するなど、数々の世界大会を制覇。2000年2月、代官山に「トゥーソレイユ」、2003年5月に同銀座店、2007年 4月には新丸ビルに日本初男性向けネイルサロン「トゥーソレイユオム」をオープンさせて話題に。テレビや雑誌でも活躍し、総合ビューティスクール「シーズインターナショナル・カレッジ」の学院長として後輩の育成にも力を注ぐ。
トゥーソレイユHP
http://www.tout-soleil.com

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/matsushita-michiko/

シーズインターナショナルカレッジ
http://www.ci-z-school.com/

がくぶん総合教育センター
「松下美智子のネイルアーティスト養成講座」
http://www.gakubun.co.jp/ad_excite/c23.html
松下美智子さんのバック拝見
今日のバッグはバーニーズニューヨーク。ブランドにこだわりはなく、大きめで機能的なバッグを愛用。「買い物の時間があまり取れないので、いつも表参道のセレクトショップでまとめ買いをしています(笑)」

華麗なる世界のトップネイリスト。

Q.美容面で毎日欠かさずやっていることは?

A.やっていることではありませんが、毎日必ず食べているものがあります。それは、野菜。
毎日たくさん食べて、野菜のない食生活は絶対にしないと心がけています。
そして食事をする時、ひと口目は必ず野菜に。
いろいろ研究した結果、同じカロリーの食事でも、食べる順番を変えると全然違うということがわかったんです。
とくに空腹時、油ものから食べるとすぐに血液に入って栄養にまわってしまいますが、野菜や酢の物を先に食べると吸収を抑えられるんですね。
ちょっと満足感を得られるから、食べる量もブレーキをかけられていいですよ。
野菜は日によって、アンチョビや明太子と和えてみたり、バーニャカウダーソースを作ったり、楽しくおいしくアレンジを効かせて。
あと、ビタミンやコラーゲンのサプリも毎日摂っています。

Q.食事は1日3食摂っていますか?

A.朝は簡単にフルーツとヨーグルトとサプリ。
昼は時間がなくてきちんと食べられないので、間食ですね。
エネルギー補給に、おやつといった感じで。 その分、夜がドカ食いになって、2食、食べることもあります(笑)。

ただし、ひと口目は絶対に野菜。
朝を軽めにして調整しているので、それで太ることはないですね。一日の総カロリーは、普通の女性より多いと思いますよ。

Q.そのような食生活にして、どのような変化がありましたか?

A.野菜たっぷりの食生活をここ2~3年続けていますが、体重も落ちましたし、肌もきれいになりましたね。
前は柿の種やチョコレートが大好きですぐにぷつぷつとできちゃっていたけど、今は体調の悪い時にちょっとでるくらい。
やはり内から摂るものは大事ですね。

ビューティグッツ

環境と頭皮にやさしい「ヌーディオーラ」のヘアケア商品で潤いのある髪に。今大人気のこのシリーズは、手放せないくらい愛用中。

ヌーディオーラ
問い合わせ先:
株式会社サンテック産業

毎夜食前に飲む「スリム膳」は、おなかが痛くならずに腸内環境を整えてくれる国産サプリ。朝晩は「カシスコラーゲン」でコラーゲン&アミノ酸を摂取!

スリム膳
CASSIS4000
問い合わせ先:
トゥーソレイユ代官山店
電話:03-5428-1901

フランス発のサロン専門ブランド「コラン」の美容液とクリーム。「フランス産は香料がきつくて合わないかと思ったけれど、使ってみたらすごくいいです!」

コランの「モーホスキン クレームプリペションンリッド」「モーホスキン セーラムコレクションリッド」
問い合わせ先:
株式会社ビ・マジーク
電話:03-5778-4735

ビューティ格言

心優しく素敵な笑顔で、内面から輝く。
一、 脳も体も癒してリフレッシュし、ストレスや疲れを溜めない。
二、 リラックススペース・家の中をいつもスッキリ片付ける!

ページ上部へ